読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TECH-MICCHON.jar

Scalaを中心に技術的な話題を書きます。

株式会社ドワンゴでのインターンを終了しました

2017年3月30日付けで株式会社ドワンゴを退職しました。自分はインターンアルバイトとして入社したので、正確にはインターンを終了したということになるのでしょうか。

最初は右も左もわからない状態でしたが、メンターさんたちが根気強く支えてくれたお陰でここまで長い期間取り組めたのだと思います。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

さて、せっかくなのでドワンゴでの思い出や取り組んできたことについて綴っていこうと思います。

思い出

2016年8月の入社から8ヶ月、主に Scala と playframework で課金系のシステムを作るお仕事をしていました。最後は新しいプロジェクトの立ち上げにも関わったりしました。

また、Scala 本体や akka とかにコミットしている方が同じフロアにいて席も年齢も近かったので仲良くなれたりとか、 scalaz コミッターのあの方がいらっしゃってランチで交流できたりするのがまた面白いところでした。

労働時間

ドワンゴはフレックス制です。私のチームは完全フレックスだったので、急なスケジュール変更にも対応できすごく助かりました。

大学の講義をこなしながらだったのでこれはとてもありがたかったです。

美容室と整体

ドワンゴには美容室と整体があります。

僕は美容室を何回か利用しました。インターン生でも使えるのでありがたかったのと、勤務時間中に行けるのでコーディングしながら髪を切ってもらえました。

また、表参道の一流の美容師が来てくれるので、結構いい感じに切ってもらえます。

ランチ

銀座はランチがとても美味しいです。色々なところに行きましたが、次のお店がおすすめです。

  • 牛庵
    • ここは最高級のお肉が1000円で食べれるから本当にすごい。最高。

取り組んだこと

入社して最初の頃は管理ツール用の API を作っていました。DDD の D の字も分からなかったのでコードを追うのにとても苦労しましたが、DDD の青い本を買って読んだり、先輩に色々聞いたりしてなんとか身につけました。

あと、インターン生である自分にもレビュアーをやらせていただいたのはとてもいい経験でした。今まで人に見てもらうことしかできなかったので、やってみて人のコードを採点するというのは結構勉強になるなぁと感じました。

その後は、バックログからタスクをもらってこなし、最後はプロジェクトの立ち上げにも関われました。特に、一からバックエンド部分の設計をやれたのはとてもいい経験になりました。

OSS

ドワンゴでは勤務時間中にもある程度は OSS 活動をしてもよいということになっています。なので、業務中に気づいたことがあったら、色々なプロダクトに PR を送ったりしてました。 特に playframework に PR 送ってマージされたときがハイライトでした。

github.com

他には、scalafx という javafxScala ラッパーライブラリの sbt をアップデートしたり、breeze という数値計算ライブラリの build.sbt を整備したりしました。

あとは自分で sbt プラグインを書いたりと、色々やってきたかなーと思います。

github.com

最後に

まだまだやっていきたい気持ちはあるのですが、ラボ生活がはじまるとスケジュールを合わせるのがちょっとむずかしくなるということもあって、キリの良いところで終了となりました。

自分は大学院に進学する予定なので就活はまだ先ですが、そのときは関係者の皆様にまたお世話になるかと思います。よろしくお願いします。

ほしいものリスト

来月から無職(?)なので、よろしくお願いします。

http://amzn.asia/3ArPBpP